ページの先頭です。

古いブラウザでご覧の場合、スタイルシートによるレイアウトが無効になる場合がございます。ぜひ最新のブラウザでご覧ください。

メニューをスキップし、本文へジャンプします。

HOME会社案内 > 会社沿革

会社案内

会社沿革

前のページに戻る

明治20年(1887) 堀内伊三郎、東京市神田区富山町で、宮中侍医浅田宗伯処方の「御薬さらし水飴」を創製発売。
明治22年(1889) 東京市神田区鍋町に店舗を設ける。
初代堀内伊太郎「御薬さらし水飴」を「浅田飴」と改称。
明治30年(1897) 東京市神田区鍛冶町(現所在地)に店舗および工場を移転。
大正4年(1915) 固形浅田飴(キャラメル型)創製発売。
大正15年(1926) 固形浅田飴(現碁石型)創製発売。
昭和5年(1930) 二代目 堀内伊太郎襲名。
昭和19年(1944) 企業整備令により東都製薬株式会社へ改組、設立。 
二代目堀内伊太郎 社長に就任。
昭和22年(1947) 株式会社堀内伊太郎商店設立。(本社:千代田区、工場:中野区)
二代目堀内伊太郎 社長に就任。
昭和24年(1949) 工場を東京都豊島区椎名町(現南長崎)に移設し目白工場とする。
(昭和49年廃止)
昭和27年(1952) 各種一般用医薬品の製造を開始。
昭和35年(1960) 三代目堀内伊太郎 社長に就任。
昭和37年(1962) 固形浅田飴クール発売。
昭和38年(1963) 現本社ビル完成。
昭和39年(1964) 東京都東村山市久米川町に村山工場を新設、第一期工場完成。
配送センター併設。
昭和42年(1967) 大阪連絡所を大阪市東区に開設。
村山工場第二期工事完成。
昭和43年(1968) 医療用医薬品の製造を開始。
昭和44年(1969) 村山工場第三期工事完成。
昭和47年(1972) 堀内恵美子 社長に就任。
昭和48年(1973) ダイエット甘味料の発売を開始。
村山工場第三工場完成。
昭和49年(1974) 村山工場排水処理施設完成。
昭和52年(1977) 札幌出張所を札幌市中央区に
福岡出張所を福岡市博多区に開設し、大阪出張所を含め、計3出張所となる。
昭和55年(1980) 村山工場第四工場完成。
昭和58年(1983) 本社分室(豊島区南長崎)を新設し、営業部、開発部移転。
昭和60年(1985) 配送センターを埼玉県入間市に新設移転。
昭和61年(1986) 固形浅田飴パッション発売。
固形浅田飴小包装製品発売。
昭和62年(1987) 創業100周年。
平成元年(1989) 3出張所を営業所に名称変更。
平成3年(1997) 堀内滋彦 社長に就任。
平成6年(1994) 株式会社浅田飴に社名変更。
平成11年(1999) 村山工場製剤棟完成。
平成15年(2003) 堀内邦彦 社長に就任。
平成27年(2015) トラベロップQQ発売。
平成29年(2017) 創業130周年。